作業例

【第三章】「洗濯機本体の洗浄!」縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 

今回はいよいよ洗濯機本体の洗浄に取り掛かって参ります!
 
縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 
【第一章】分解するとこんなにも汚れが!…はこちら≫
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫
【第三章】洗濯機本体の洗浄!…はこちら≫
 
【第三章】洗濯機本体の洗浄!

①洗濯槽を取り外した内部

中身がスッカラカンの状態なので重量も軽くなりそんなに重くありません。
 
②ボデー部分には万遍なく専用洗剤を吹きかけ冊子ブラシで撫でながら洗い落としていきます。
 
③さらに専用パッドで軽く拭きあげながら仕上げていきます!
 
④中のお釜部分も同じ要領でやっていきます
お水、洗剤、ブラシ、パッドを駆使して汚れを分解していきます。
溶け出た汚水はそのまま排水ホースへ繋げて排水していきます!
*洗剤は中性なのでそのまま排水しても環境には問題ありませんのでご安心ください。
 
⑤ツルツル、ピカピカに仕上がりました!
中もスッキリ爽快!匂いも全くナシです!
 
⑥最後に重たい洗濯機を退かして防水パン周りも清掃しちゃいます!
ここも普段手が届かない部分ですよね?
中を開けると
ここも汚れた汚水が毎回洗濯する度に流れるのでこれだけ汚れます!
 
⑦はい、綺麗になりました!
これで洗濯機も防水パンも全て綺麗になりました!
 
⑧最後に取り外した部品を組み上げて一通りテストして終了です
外観もまるで新品を買った時のように綺麗に!
以上、是非一度お試しください!
オススメですよ〜!
スタッフ一同心よりご愛顧お待ちしております!
 
汚れていた状態は過去記事をご覧ください

【第一章】分解するとこんなにも汚れが!…はこちら≫
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫

【第二章】「パーツごとに丁寧に洗浄!」縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 

今回からいよいよ各パーツごとに洗浄を始めていきます!
とくとご覧あれ
 
縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 
【第一章】分解するとこんなにも汚れが!…はこちら≫
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫
【第三章】洗濯機本体の洗浄!…はこちら≫
 
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!

①まずは洗濯槽の底面の鉄板部分

インパクトドライバーにドリルのアタッチメントを装着してガリガリとカルキ成分を削り落としながら水で洗い流して行きます!
ここが一番時間がかかるところです。
 
ガリガリ削り続けること20分
ほぼほぼカルキ成分を除去できました!
 
②次に洗濯槽裏側のプラスチックの蜂の巣部分
これも同じ要領でガリガリやっていきます!
20分後
どうでしょう!間違えるくらい綺麗にカルキ汚れを全滅させましたー!
 
③細かな部分は専用の洗剤とブラシでガンガン洗い落としていきます!
どんどんいきましょうー!
隙間の届かない部分も冊子ブラシを使用すれば隅々まで綺麗に落とせます!
 
④そしてメインディッシュの洗濯槽も
じゃじゃーん!
隙間部分の汚れもこの通り!
 
⑤パルセーターもこんな感じに!
 
⑥内蓋部分
 
⑦フィルター、その他パーツ
 
いかがでしたか?
次回はいよいよ洗濯機本体の汚れをやっつけていきたいと思いますのでお楽しみに!
 
【第三章】洗濯機本体の洗浄!…はこちら≫

【第一章】「分解するとこんなにも汚れが!」縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 

一般家庭内の生活に欠かせない洗濯機。
知らないうちに実はかなり内部が汚れているかもしれません。
洗濯機は普段、表面上からは汚れの状態が見えないのが難点。
普段何気なく使っている洗濯機も表面上は綺麗に見えるかもしれませんが実は内部にはカビや細菌類が数多く潜んでおり確実に内部の汚れを蓄積させているのです。
今回は、そんな洗濯機の内部を分解し、汚れの状態をご覧頂きながら解説していきます。
縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 
【第一章】分解するとこんなにも汚れが!…はこちら≫
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫
【第三章】洗濯機本体の洗浄!…はこちら≫
 
【第一章】分解するとこんなにも汚れが!

今回紹介するのは「Panasonic全自動縦型洗濯乾燥機 NA-FR70S3(2010年モデル)」です。

「匂いと黒い粒々が洗濯物についてしまう」というお悩みでお困りのお客様宅へ伺って参りました。
 
①まずは内部の状態を確認しましょう。
 
②一見綺麗には見えるようですが中を開けると…ガバッ!

内蓋の奥の部分に汚れが?

③さらに分解すると

裏側にもびっしり汚れが付いていました!

④次にパルセーターという水流を起こす部品です

ここも一見綺麗そうに見えるのですが、いざ分解してみると…

思った通り汚れがここにもびっしり!

本体側にもびっしり汚れがこびりついています。

⑤ここからは専用の工具を使用していきます

この工具はメーカー特注品で主に洗濯機の修理の際にメーカーが洗濯槽を固定しているナットを外すために使用する工具です。

⑥ナットを外すと軸受部分にかなりのカルキ成分がこびりついていてこのままでは外せません

⑦というわけでスーパーツールその2

ギヤプーラーを使用し強制的に軸受から洗濯槽を引き剥がしていきます。ここはデリケートな部分なので慎重に

⑧洗濯槽を外し取り出してみると、そこには…

お釜の脱水槽には変色するほどの同じような汚れがついています。
洗濯槽もよーく見ると細かい汚れが

⑨洗濯槽をひっくり返すとそこには

ここにも居ました、多数のカルキ成分の汚れ!

拡大すると
お食事中の方は大変恐縮で申し訳ございません。
もはやホラーですね。
 
⑩さらに分解してみましょう!
これが匂い、粒々の正体です!!
洗濯槽のプラスチック部分の蜂の巣の中にもびっしりこんなに汚れがこびりついていました!
 

⑪さらに洗濯槽をバチバチ外していくと

糸くずネットの受け側の裏側にも
「これでもか」と言わんばかりの汚れが、隙間にもこれだけ溜まってます!
 
⑫どんどんいきましょう!
これは洗濯槽のバランスを保つために使われているバランサーという部品で中に食塩水が密封されています。空なのに回すとお水の音が聞こえるのがこれです!
隙間にもこれだけの汚れが
 

⑬洗濯機のパーツ全部並べてみると

くどいようですが、洗濯機の中の中奥深くまで見えない汚れがこれだけ潜んでいるのです。
同じような症状でお悩みの方は是非当店へご相談ください。きっと解決のお役に立てるはずです!
次回はいよいよ洗浄に入っていきます!
 
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫

ドラム式洗濯乾燥機〈分解搬入〉編 

ドラム式洗濯乾燥機の分解搬入&オーバーホールを実施しました。引越し先にて洗濯機を搬入する際、洗面所の入り口に十分な間取りがない場合でも本体を分解して搬入する方法があります。

所用時間4ー6時間

但しこの場合、転出時やお買換え時にも分解して撤去するデメリットがあります為得策ではありませんがどうしてもお使いの洗濯機を新居でお使いになられたい場合は一度弊社へご相談ください。

*縦型洗濯機は分解しても外装部品の分解は出来かねますので一度寸法を測った上でご相談ください。


ルームエアコン洗浄

神奈川県川崎市の『株式会社ひまわり倶楽部』です!

今回はルームエアコンクリーニングを行いました。


ドラム式洗濯乾燥機〈分解洗浄〉編〜埼玉県川口市

先日ドラム式洗濯乾燥機の分解洗浄のご依頼を頂きました埼玉県川口市にお住いのお客様宅へご訪問し作業させて頂きました。お客様ご了承の元で撮影許可を頂き今回ブログに投稿させて頂きました。

洗濯槽の汚れそのものは大した汚れではなかったのですがヒートポンプ内部のホコリ詰まりが大変な事になっていました。

このように完全にホコリがアルミフィンに目詰まりしており乾燥運転に支障をきたしていました。洗浄後はスッキリ。乾燥運転も本来の性能を取り戻しました! 

所用時間4時間30分


当社の作業例をご紹介いたします

神奈川県川崎市の『ひまわり倶楽部』です!
こちらでは当社の、洗濯機・レンジフード・エアコンの洗浄などの作業例についてご紹介してまいります♪

どれだけキレイになるか、ぜひ一度その目でご確認くださいませ。