【第一章】「分解するとこんなにも汚れが!」縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 

一般家庭内の生活に欠かせない洗濯機。
知らないうちに実はかなり内部が汚れているかもしれません。
洗濯機は普段、表面上からは汚れの状態が見えないのが難点。
普段何気なく使っている洗濯機も表面上は綺麗に見えるかもしれませんが実は内部にはカビや細菌類が数多く潜んでおり確実に内部の汚れを蓄積させているのです。
今回は、そんな洗濯機の内部を分解し、汚れの状態をご覧頂きながら解説していきます。
縦型洗濯機〈完全分解洗浄〉編 
【第一章】分解するとこんなにも汚れが!…はこちら≫
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫
【第三章】洗濯機本体の洗浄!…はこちら≫
 
【第一章】分解するとこんなにも汚れが!

今回紹介するのは「Panasonic全自動縦型洗濯乾燥機 NA-FR70S3(2010年モデル)」です。

「匂いと黒い粒々が洗濯物についてしまう」というお悩みでお困りのお客様宅へ伺って参りました。
 
①まずは内部の状態を確認しましょう。
 
②一見綺麗には見えるようですが中を開けると…ガバッ!

内蓋の奥の部分に汚れが?

③さらに分解すると

裏側にもびっしり汚れが付いていました!

④次にパルセーターという水流を起こす部品です

ここも一見綺麗そうに見えるのですが、いざ分解してみると…

思った通り汚れがここにもびっしり!

本体側にもびっしり汚れがこびりついています。

⑤ここからは専用の工具を使用していきます

この工具はメーカー特注品で主に洗濯機の修理の際にメーカーが洗濯槽を固定しているナットを外すために使用する工具です。

⑥ナットを外すと軸受部分にかなりのカルキ成分がこびりついていてこのままでは外せません

⑦というわけでスーパーツールその2

ギヤプーラーを使用し強制的に軸受から洗濯槽を引き剥がしていきます。ここはデリケートな部分なので慎重に

⑧洗濯槽を外し取り出してみると、そこには…

お釜の脱水槽には変色するほどの同じような汚れがついています。
洗濯槽もよーく見ると細かい汚れが

⑨洗濯槽をひっくり返すとそこには

ここにも居ました、多数のカルキ成分の汚れ!

拡大すると
お食事中の方は大変恐縮で申し訳ございません。
もはやホラーですね。
 
⑩さらに分解してみましょう!
これが匂い、粒々の正体です!!
洗濯槽のプラスチック部分の蜂の巣の中にもびっしりこんなに汚れがこびりついていました!
 

⑪さらに洗濯槽をバチバチ外していくと

糸くずネットの受け側の裏側にも
「これでもか」と言わんばかりの汚れが、隙間にもこれだけ溜まってます!
 
⑫どんどんいきましょう!
これは洗濯槽のバランスを保つために使われているバランサーという部品で中に食塩水が密封されています。空なのに回すとお水の音が聞こえるのがこれです!
隙間にもこれだけの汚れが
 

⑬洗濯機のパーツ全部並べてみると

くどいようですが、洗濯機の中の中奥深くまで見えない汚れがこれだけ潜んでいるのです。
同じような症状でお悩みの方は是非当店へご相談ください。きっと解決のお役に立てるはずです!
次回はいよいよ洗浄に入っていきます!
 
【第二章】パーツごとに丁寧に洗浄!…はこちら≫

【TEL】 044-587-9021
【営業時間】 8:00~20:00(営業時間外のご予約は要相談)
【定休日】 年中無休
※年末年始は除く(12/29~1/4)
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【対応エリア】 川崎市・横浜市を中心に神奈川県・東京都・千葉県西部・埼玉県南部


一覧ページに戻る